タクシー資格を取ろう|夢を叶えるための手段

メンズ

ドライバー向けの資格

ドライバー

仕事にプラスになる物とは

タクシー資格は必須の物とそうでない物があります。必須の資格は津全ですが、そうでない物も仕事でプラスになるならぜひ取得しておきましょう。まずタクシー資格で必ず持っていなくてはいけないのは免許です。それも普通第一種免許ではなく、普通第二種免許の方です。旅客自動車を運転する際は絶対必要ですので、できるだけ早めに取得しましょう。とはいえ最近はタクシー会社の方で費用を負担して資格をとらせてくれますので、費用を浮かせたい時は入社後に取得してもかまいません。そうして法人タクシーで長年ドライバーとして勤務した暁には、個人タクシー資格の取得が可能になります。ただしこれは同じ法人タクシーで十年勤務し続けた、勤務年数に相応した運転歴がある運転手であることが第一条件です。それに加えて六十五歳以下であること、過去十年無事故無違反であることが必要となります。条件が厳しい分個人タクシーになると収入や自由度がアップするので、この仕事を長く続けるつもりなら取得しておいて損はないでしょう。その他にもタクシー資格には地域限定の資格があります。東京の特定指定地域でタクシーを運行するには、地理試験に合格しなくてはいけません。この地理試験は、東京タクシーセンターで受けられます。難易度はなかなか高いので、受ける際は入念に試験対策をしなくてはいけないはずです。またそれ以外にも、観光タクシー資格や福祉タクシー資格があります。いずれも必ず取得しなくてはいけない物ではありませんが、もっていれば仕事に大きくプラスになるのは間違いありません。